セロトニン不足から発症

男性

脳内神経伝達物質を整える

うつ病を発症する原因は、実はハッキリとしたメカニズムはまだ発見されていないのが現実です。考えられているのは、脳内から感情をコントロールする働きを行う脳内神経伝達物質のバランスが崩れてしまったことが原因ではないかということです。現にうつ病はセロトニン不足からきているのではないかと考えられており、そのセロトニンを分泌するために抗うつ剤が処方されることが多くあります。セロトニンとは、脳内神経伝達物質の1種で、感情によって情緒不安定になるのを抑える働きを行います。逆に興奮状態に持っていく状態では、ドーパミンという脳内神経伝達物質が働き、そのドーパミンが以上に働き過ぎないように、セロトニンが活動するわけです。しかしセロトニンが不足し、感情のコントロールが効かなくなれば常に緊張状態が続き、その影響から不眠や疲労につながります。抗うつ剤はそのセロトニンを脳内に分泌させるものが多く、精神的に不安定になっている状態を軽減させていきます。セロトニンを脳内に分泌させ、脳の働きを活性化させることができるようになり、そこでカウンセリングを受けその後の生活をどのように改善させていくかを考えられるようにします。マイナス思考にならないようにセロトニンの働きが要されるわけです。しかしうつ病は、一概に一種の症状をあらわせるものではありません。実はいろんな種類があります。一般的に言われているものは「抑うつ病」です。マイナス思考に陥り、常にため息ばかり吐きながら自分自身を追い込むような発言が増え、仕事や学業、生活にも支障をきたす病です。そのほかの種類ではどのようなものがあるのかといいますと、普段は何の症状もあらわれることもないのに、仕事や学業に取り組む時間になったりその場所へ向かわなければいけなくなったりすると、途端に症状があらわれて作業に取り組むことができない病もあります。それが「適応障害」です。適応障害は作業に取り組む以外のときは、本当に症状があらわれることがないため、周囲の人から仮病と誤解されることが多々あり病気を放置してしまう人も少なくありません。しかし適応障害は立派な病気であり、放置が続いてしまうと治療が終わるのも遅くなります。適応障害の症状を治めるのに一番良い方法は、症状があらわれる場所から離れることです。これはうつ病も同じことが言えます。症状の原因となった場所から離れ、しばらく落ち着ける時間を与えることで症状が和らぐことがあります。もちろんうつ病を発症する原因となるものは人それぞれ様々ですが、原因を発祥した場所から離れることで改善させる場合もあるため、治療の1つの方法として取り上げられることもあります。