正しく診断してもらう為に

医者

先入観は危険

心の病として認知度が高まっているうつ病ですが、話題ばかりが先を行って多くの方が誤解をされている場合も多いです。うつ病といっても1つの症状ではなく、様々な症状があり原因も1つではありません。よくストレスが主原因とも言われていますが、ストレスは主ではなく原因の1つであり、他にもあります。正しく知る事が治療や予防には重要であり、自分の発症元やそもそも自分がその病気であるかを確定させるには、病院で診察を受ける以外にありません。病院といっても様々な科があり、どこに受診すべきか迷う方が大半です。心の病なので精神科というイメージがされていますが、精神科以外に心療内科でも診断を受けられます。現在はメンタルヘルス科など名称も多様化しており、その背景には病院の診療科は医師の自己申告制が認められているからです。診察を受けるとしたら上記の2科が適しており、精神科はうつ病を含めた精神疾患の治療を中心に行っています。心療内科はうつの専門とまではいきませんが、ストレスなどによる精神的なケアやそれに伴う身体疾患を治療しています。実際にうつ病と診断できるのは上記2科なのですが、わからない場合は最寄りの内科でも問題ありません。自己判断せず医師に診察してもらい、必要な場合は精神科などに紹介してもらえます。この様にどういった症状かある程度知られているからこそ、誤った自己判断をしてしまう可能性が病気です。だから気になったら病院に行くのです。うつ病は広く世間に知られている病気であり、一定の企業ではチェックする事を義務化されていたりもしています。認知度が高いのでネットや書籍で自己チェックできるシートもあり、病院に受診するか迷っている方に啓発を行っています。では目に見えない病を実際に病院ではどの様に診断をするのでしょうか。診断で重要になるのが医師の診察です。流れとしては医師が診察して、その診察結果を元からあるうつ病の診断基準と照らし合わせて判断されます。この流れだけでは判断が難しい場合は、心理検査を行う事になります。診断基準については特に隠されておらずネットでも患者がみる事が可能ですが、診断は医師しかできず自分の判断と違っている場合も多くあります。しかし診断は非常に難しい面もあり、目に見えない心の病を見つける事は医師でも診察だけでは限界があります。多くの病気の様に数値で測る事が難しいので、診察の場合は生育歴や既往歴など多角的に原因を探っていきます。心理検査も必要時行っていき、補助的に検査として光トポグラフィー検査も行われています。光トポグラフィー検査は脳に遠赤外線を当てて脳血流パターンからうつ病か原因などを探っていきます。これらの多角的な情報を診察して医師が診断するのです。