増え続ける現代病患者

ハート

治療を始めるにあたって

風邪やインフルエンザなどのようにいつも利用する病院で診察してもらえれば良いですが、うつ病はそうはいきません。精神科のある総合病院や心療内科を探して受診する必要がありますが、初めての場合にはその数に驚いてしまうのではないでしょうか。それだけ患者数が多いということでもありますが、その中から受診する病院を決めるのもうつ病の状態であればかなりの負担になります。うつ病の原因には過度のストレスが多く見受けられますので、焦って治療しようとせずゆっくりと治していくというゆとりが大切です。ですので、焦って病院を決める必要はありませんが受診してみないことにはその病院が自分に合っているのか分かりません。通院自体が億劫になってしまっては本末転倒ですので、定期的に通院することを踏まえて自宅からできるだけ近い病院を選ぶと良いでしょう。また、受診した病院が必ずしも自分にとって適切な治療をしてくれるわけではありませんし、在籍している医師との相性が良いとも限りませんので自分には合わないと感じたら別の病院を受診しましょう。我慢をして通院し、病院自体がうつ病の原因になってしまうこともありますので、治療の初期段階では他の病気以上にセカンドオピニオンは重要になってきます。多少時間はかかりますが、場所、人、雰囲気などを総合的に見て最終的に治療を継続する病院を決めるようにするとより良い治療ができます。うつ病の治療には抗うつ剤を使用するケースが大半を占めます。その抗うつ剤は医師の判断でどの薬をどの程度服用させるのか決定され、患者が抗うつ剤を入手するには医師に相談しなければなりません。しかし、ジェネリック医薬品などインターネットで購入できるものも多くあり、例えば通院することなく薬だけを服用するということも可能ですが、その方が安価で通院する必要もないので助かるという考えは危険です。ほとんどの抗うつ剤には鎮静効果があり強い眠気を誘発しますので、服用する量や頻度を誤ると1日中寝ていたという現象が起きてもおかしくはありません。また、うつ病の原因にストレスがあればその現象は非常に起きやすいと言っても過言ではなく、場合によっては命に関わるかもしれません。うつ病の原因にストレスがない場合でも同様ですので必ず医師の判断を仰ぎ、用法用量を厳守するのは自分を守ることにも繋がります。医師は患者の状態を把握しようとヒアリングしてくれますが、100%把握してくれるわけではありません。処方された薬が合わないこともありますのでその際は病院に申し出て別の薬を処方してもらうことで新しい薬を入手できます。ただし、抗うつ剤は効果が現れるまでに時間がかかりますのである程度は継続してみましょう。効果がないからといって勝手に服用をやめるのは症状の悪化の原因になりますので注意が必要です。